いしずえ

第十 二十一世紀は日本思想文化神道の時代であると欧米の識者は宣明している(二 日本道統固有性神道存亡の政変 流れを変へる~日本人は日本を知らない)【続】

抑々明治維新は国学者本居信長の「漢意唐心」(中国思想批判)平田篤胤の「廃仏毀釈」(印度思想批判)を基に、日本固有思想神道をもって国家体制を確立せんとしたものである。

然るに自国の道統固有性が外来儒仏思想に埋まれ神道を奉ずる人材がなかったので天皇は神道「天神地祇八神殿」を宮中に遷移せられたのである。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/01(土) 16:58:31|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

第十 二十一世紀は日本思想文化神道の時代であると欧米の識者は宣明している(二 日本道統固有性神道存亡の政変 流れを変へる~日本人は日本を知らない)【続】

時恰も西洋文化思想視察の岩倉大使一行が帰朝せられた。

活気溢るる西欧諸国の文化思想を眼の当り見て来た政府当局は、神道宣布の大教院を廃止し、国家制度機構を悉く西洋文化思想制度に切換えた。

いわゆる東洋精神文化思想儒教仏教を退け、その代償に西洋近代思想文化に切り換えたのである。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/03(月) 08:55:14|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

第十 二十一世紀は日本思想文化神道の時代であると欧米の識者は宣明している(二 日本道統固有性神道存亡の政変 流れを変へる~日本人は日本を知らない)【続】

神道の伝道宣布をもって国家体制の確立を企図した明治維新は中断され中途半端に終り、又神宮神社は「社格」として歴史に預け管理せられることとなった。

日本人が自国の神道固有性に無自覚であってまた表現拙劣であるのはこのためである。

明治維新の産親ともいうべき本居、平田、大國、玉松は国学史上に飾られたにすぎない。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/04(火) 09:28:11|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

第十 二十一世紀は日本思想文化神道の時代であると欧米の識者は宣明している(二 日本道統固有性神道存亡の政変 流れを変へる~日本人は日本を知らない)【続】

明治政府は欧米の圧力を模倣し進むべき方向を世界史的意義に基き欧米流の帝国主義侵略主義植民地政策をとり、独立自存の道を進まねばならなかった。

政府は「文明開化、四民平等、立身出世、殖産興業、国利民福、富国強兵、国民皆兵」をスローガンに掲げ、国防軍を強化し、自立防衛のため朝鮮を西欧諸国に侵略されている支部より分離独立せしめるため日清戦争を企て、更に露独佛三国干渉で返還せしめられた満州遼東半島に軍事基地(旅順軍港)を築ていた露国と戦い退けて、孫文黄興の支那革命(興漢滅満)に道を開き、第一次世界大戦に参戦し、昭和六年満州事変を経て支那事変、大東亜戦争へと突入し、ABCDの連合国を相手に三年有半戦い敗戦するに至ったが、戦前世界の独立国六十四箇国に比し、戦後アジア、アフリカ諸国は西欧植民地を脱し一九九箇国独立せしめるに至った。

人類史は世界から帝国主義を取除いたのは日本であると立証するであろう。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/05(水) 09:38:11|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

第十 二十一世紀は日本思想文化神道の時代であると欧米の識者は宣明している(二 日本道統固有性神道存亡の政変 流れを変へる~日本人は日本を知らない)【続】

近代西洋文明は、ルネッサンス以来五百年世界を指導支配して来た「人権主義・自由主義・民主主義・合理主義」は行詰り「我・知・欲」に弄ばれ、地球は破壊され人間性は崩壊し動乱、暴動、戦争、革命、狂乱、凶悪犯罪に包囲せられ、戦乱の巷と化している。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/08(土) 08:58:47|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

第十 二十一世紀は日本思想文化神道の時代であると欧米の識者は宣明している(二 日本道統固有性神道存亡の政変 流れを変へる~日本人は日本を知らない)【続】

明治初年西洋文明模倣に転換し、維新を中断し欧米化して明治、大正、昭和、平成の百五十年行詰れる今日西洋文明を脱し、明治五年天皇が宮中に遷移された神道(天神地祇八神殿)を神宮神社はもとより、政府政党国会、国民は、宮中より降臨拝承し、中絶せられた明治維新に遡り継承引き継ぎ国学神道神典を成り立て、二十一世紀は日本文化思想神道(宇宙理法)時代であると欧米諸国の先覚者の期待に應えられる日本にならねばならない。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/08(土) 09:13:47|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

第十 二十一世紀は日本思想文化神道の時代であると欧米の識者は宣明している(二 日本道統固有性神道存亡の政変 流れを変へる~日本人は日本を知らない)【続】

アインシュタイン博士

「世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か戦いは繰り返されて最後には戦に疲れる時が来る。

その時人類はまことの平和を求めて世界的盟主を挙げねばならない。

この世界の盟主なるものは武力や金力でなく、凡ゆる国の歴史を抜き越えた最も古くまた尊い家柄でなくてはならぬ。

世界の文化はアジアに始まってアジアに帰る。

それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。吾々は神に感謝する。

吾々は日本という尊い国を作って置いてくれたことを―」

人間行為の原動力は倫理であると宇宙の理法宗道(神道)別天津神は伝承(現示)している。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/08(土) 09:52:14|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致

我が国上古の社会は氏族制度という独特の組織をもっていた。

祖先を同じくする人々は、同じ所に集って夫々群をなしていた。

これを氏といい、夫々の氏を区別するために住んでいる土地の名をとって氏の名としたり、職業によって氏名をつけていた。

氏に属する人々を氏人といい、その長を氏上と呼んだ。

一つの氏に氏人が多くなると、新しく住居を作って独立した氏を作った。

その新しい氏を小氏といい、元の氏を大氏と呼んだ。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/09(日) 09:29:58|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致【続】

小氏にも氏上があって、その氏の氏人の尊敬を集め、彼等を率いていた。

氏人は、その属する氏の氏上を尊敬すると共に、本家である大氏の氏上を尊敬し、氏上の祖先を祀って事有る毎に参拝した。

これが氏神であり、氏人はその氏子である。

「かみ」という詩には、後世漢字の「神」を当てているが、その初めは「上」なのである。

而して、皇室は最高の氏神であり、皇族は氏人で、天皇はその氏上に当らせられるわけである。

而もわが国は皆同一祖先より出たものと信じているので、天皇は国民全体の氏上に当らせられるわけである。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/09(日) 23:32:37|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致【続】

かくて、我国は天皇を氏上として、国民が氏子であるところの一大氏族なのであった。

従って、国家の繁栄は国民の繁栄であり、国民の繁栄は国家の繁栄であるし、国民の損失は国家の損失なのである。

国民は各氏の氏神を祭ると共に天照大御神をはじめ天神を崇敬し、同時に天皇を現人神と仰ぎ奉った。

然も、天皇は天意をうけて大八州国に降臨されたのであるから、代々の天皇は、国家国民の上に事ある場合に、氏神であらせられる天神を祭り、天意を伺はれたのである。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/10(月) 09:27:06|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致【続】

全氏神を統一し、国家国民全体の氏神を統合し宗祀国教にしたのは第十代崇神天皇である。

古代の日本国民は、日常生活の端々に至るまで、悉く氏神の信仰を基調としていたので、天皇は天神を祭り、神の啓示を得て国民を導いて行かれるのが、天皇の最高の御仕事であった。

神武天皇が橿原宮に御即位の御儀をあげさせ給う時にも先づ神器を祭られたのである。

その後の代々の天皇も神器を皇居に奉斎し、神器を祭ることが即ち民を治めることであった。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/11(火) 10:11:28|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致【続】

「祭事」は「政事」であったのである。

我が国に於いては「政事」は初め、祭事を意味したのである。

その後支那の思想、仏教の伝来などと共に国民生活の変移、生活の複雑化などあったため政治の特色として今日に及んでいるのである。

祭政は一体であり、祭を離れて政はなく、政を離れて祭はない。

神道が敬神崇祖を尊び天皇が国民の中心と仰がれる所以は即ここにある。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/12(水) 09:55:39|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致【続】

日本民族の道統固有性は「祭政一致」氏族制度家族主義である。

神道が国民精神統一の宗旨国教であり、天皇は国家民族の中心であることを度外視して日本の天壌無窮万世一系は成り立たない。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/13(木) 06:00:00|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致【続】

天津日嗣の道統を継承するが故に天壌無窮となるのであり、天津神の零統とその実体である祖神天照大御神の血統をむすび、これを継承する唯一の皇子をいうのである。

即ち皇位すめらみことが万世一系である。

霊統と血統を身に体し実現化するのが天皇(すめらみこと)である。

日本民族の祖神天照大御神とは、太陽を表現したものであって、太陽が光と熱をもって万物万象を生成化育するように、人間でありながら万民を、公平に、生成発展繁栄せしめる偉大な人を神格化して天照大御神と崇め奉ったのである。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/14(金) 11:21:51|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致【続】

その偉大な神格を天皇の祖先であるというのであって、太陽そのものをいうのではない。

天皇は霊統と血統を承け継ぎ、これを伝導宣布する祭主であると同時に、唯一絶対の法則的中心存在である。

血統と霊統を一体化し、これを天津日嗣で行くことを道統とする日本においては、そのうちの一つを欠いても天皇たり得ないのみか、天津日嗣の天業を怠る場合もまた天皇たり得ないのである。

したがって天皇は、他国の皇帝や国王や民選の皇帝(大統領)と本質を根本的に異にするものである。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/15(土) 10:13:19|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致【続】

天皇は生きている教典でありバイブルである。

生きている人間バイブルは、他宗教に見られるような分派対立を許さない。

これが万世一系の意義であると同時に現人神、現津神と仰がれる所以である。

そのためには天皇はそれにふさわしい祭行の儀を践み修行の実を積みあげなければならないことになっている。

天皇は人間的偉大なるが故になるのでもなければ、英邁達識なるが故になるのでもなく、聖人君子なるが故に選ばれるのでもない。

天皇の天皇たる所以は、天津日嗣の高御座に位き、万世一系、唯一絶対の中心に立ち万邦兆民をひとしく生成化育する機能を発揮し、天壌無窮に存族してゆくところにある。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/16(日) 17:17:20|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致【続】

故に天皇は天皇家の天皇でもなく、皇族の天皇でもなく、国民全体の天皇であり、天津日嗣の立場に立たれる天皇の下では、皇后も皇太子も皇子も内親王も皇孫も、我々一般国民もその立場においてはことごとく平等なのである。

かくの如く全国民の中心であり無私無欲無我であるが故に唯一絶対の存在と仰がれ、御公親と親しまれるのである。

天皇には名があって氏がないのはこのためである。

最近天皇家という言葉が濫用されているが、これは他国の皇帝や国王と錯覚されているところからおこったものであって、天皇には本来そうした概念は通用しないのである。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/17(月) 08:39:25|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致【続】

我が国の道統、神ながらの道は、人間天皇を経典として大御心を心となし、祭行を範として修行するところに他宗教と根本を異にするものがあるのである。

言葉としての経典はこれを受取る人によって多種多様であり、分派を生じ対立を生むおそれがあるが現津神として存在する人間教典には分派分裂がない。

万世一系の尊厳性はここにおいて決定的となる。

諸外国の他宗教では経典を通じて神を知り神事を行うのであるが、我が国固有の神道・宗道は人間経典の天皇を介して神業を知り神事を行うのである。

それだけ天皇は経典に価する修行を日日励まなければならないのである。

現その実例を身近に明治天皇に仰ぎ見ることにしよう。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/18(火) 17:52:10|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致【続】

天皇(すめらみこと)には上代古代近代に至るまで側近公家貴族が待っていたし、明治以後は枢密院議員、公卿侍従がいた。

これは天皇のブレーンである。

内室である。

従って祭政一致の道統よりすれば内閣総理大臣は天皇の大命降下でなければ権威、存在価値がない。

政党人の当選者多数決で作る議院内閣制政府などは、単なる議員運営委員長に他ならない。

而も戦後天皇は政治行政と無関係の存在にされている。

選挙投票に棄権者が国民の半数以上であるということは、行政即ち国家統治の政党政治を認めぬ無政府民が国民の半分であることを意味する。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/19(水) 14:25:31|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致【続】

戦後の日本には政府もあり政党もあり宮内庁もあり神社本庁もあるが、「天津日嗣すめらみこと・万世一系・天壌無窮」及び神勅(天壌無窮・神籬磐境・同床共殿・侍殿為護・斎庭稲穂)、更に三種神器(璽・鏡・剣)の機能作用を常に心身につけ万邦兆民に位するのが天皇の条件である。

この原則条件を修めない名ばかりの天皇は天津日嗣のすめらみことではない。

単なる名目上の立場や地位では国家の運営はできない。

勿論天皇も私的立場では人間として肉親親子夫婦兄弟姉妹等のお親しみ深くあらせられることはもとよりいうまでもないが、唯公の立場に立った場合はその高御座が絶対尊厳であるが故に親子夫婦兄弟姉妹の私情は許されないのである。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/20(木) 12:22:03|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致【続】

例えば先帝崩御あそばされた場合、皇太子が直ちに御践祚あそばされて皇位を継承し天皇になるという事も唯一絶対の立場をあらわすものである。

一般的常識、人情からすれば、先帝崩御あらせられ、子としての皇太子にとっては最も忍び難い悲哀の極にある時である。

唯々哀悼の情心中にあふれ、前後の別なく顧み給う余裕の無い時であるにも拘らず、寸秒の暇もなく践祚せられるのである。

これがいわゆる天皇に親なし妻子なしといわれる所以である。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/21(金) 14:20:26|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致【続】

天皇に私なし、無私・無我・無欲・国家に奉ずる立場であって、あたかも天御中主神が宇宙の中心であると同様であり、宇宙の運行と国家の進運は同じく寸隙一瞬の休止も無い如く、天皇の天業にも寸秒の休止も許さない。

故に悲哀沈痛の間にも直ちに御践祚あそばされるのである。

全く唯一絶対の中心であるからである。

天地宇宙の運行には法則作用あるのみであって、理性や感情の活動を許さない超越的存在である。

真中とは、理性や感情はもとより何ものにも動かされぬ絶対のものであり、宇宙法則生命のように動かぬものである。

ここに、われわれは天皇の尊厳性と天津日嗣の意義を知り仰ぎ見るのである。

天津日嗣とは天皇が宇宙法則宇宙理法そのものになることであり、すくなくともその自覚をもたれることである。

故に先帝の崩御を超越されて、万民の中心に立たれるのである。

御大葬に御参列ならないのもこの理から来ているのである。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/22(土) 15:06:25|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致【続】

然るに戦後アメリカ憲法(占領管理法)に屈従し、古来からの道統固有性を放棄し、天意を弁えざる開かれた皇室は、官尊民卑の媚び諂いの徒・牽強付会の徒輩に取り巻かれ「国際婦人福祉協会」のダンス・パーティーに出席され前代未聞のオープニングセレモニーを敢行している。

然るに世には様々な人が居てアメリカに粉砕された形だけの「国民統合の象徴」を伝統的天皇と錯覚し天皇即位十年祭なるものを謳歌しているお目出度き痴者があちこちに居る。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/23(日) 09:18:36|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致【続】

昨秋、象徴天皇即位十年記念大会を催された。

おそらくこれは宮内庁あたりの計画であったと想像するが、天皇が歴史伝統及民族の道統固有性の「天津日嗣のすめらみこと」を無視し、民主主義的憲法の「国民統合の象徴にしてその地位は国民の総意に基く」本末転倒し国民主権選民の皇帝大統領となった、いわゆる「天津日嗣のすめらみこと」でないことを宣言したことになる。

肇国以来からの道統固有性は消滅し、アメリカの属国及至植民地と変貌することになる。

従って象徴天皇は「霊統的天津日嗣のすめらみこと」でなく単なる天皇の名の血統的根のない生花に化する。

占領政策と占領管理法(憲法)は日本の道統を否認した。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/24(月) 09:26:17|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致【続】

戦後の日本人は民主主義が最高至上の思想であると思い込んでおり口を開けば民主主義という、又議会が国家最高統治権力機関であると憲法に規定しているが、二十世紀の今日現代世界を混乱、暴動内乱に陥入れているのはこの主権在民の思想と選挙のチャンピオンから成る議会である。

一時も早く憲法破棄し、新憲法制定し日本の本来性に復元し蘇らねばならない。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/25(火) 09:30:21|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致【続】

近代文明はルネッサンス以来人権主義、自由主義、民主主義、合理主義で発展し繁栄して二十世紀原子科学文明に到達し、後半期の現代において、我々は今全人類的地球的、国際的共同社会を現実的に達成する有力な手段を掴んだ。

それは科学文明機械技術である。

併しこの自然科学がつくった新しい物質文明の利器が決して人類の理想世界を実現するものではないことがはっきりして来た。

否むしろ人類史上未曽有の怖るべき規模の害悪をつくるものであることを知った。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/26(水) 13:14:49|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致【続】

それは十六世紀ルネッサンス以来五百年間人類を指導し発展して来た近代文明思想特に自由主義と民主主義のため近代文明は全く行詰ったためである。

既述の通り近代は帝王神授説に始り第二に三権分立に進み、第三に大衆民主制に至り、大衆が議会の担い手となったいわゆる議会専制主義万能ともいうべき現象を呈するに至った。

而もその基盤としての参政権(選挙投票)が拡大するに従って政党が新たな勢力として出現し、政党間が対立抗争するため政治本来の作用は歪み、議会政治の基礎は動揺し、無力を暴露するに至った。

この民主国家議会政治を弱体化せしめつつある根本原因は資本主義、民主主義、自由主義の発展と結びついておこったものであり、行政権が崩れ、統治と自治が混同し混乱し犯罪の洪水を惹起しているのである。

これはみな立法議会が行政を行うに至ったためである。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/28(金) 02:26:44|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致【続】

大体政治というものは行政を中心にしなければ国家統治機能を充分に発揮することができないものである。

然るに民主政治は主権在民を盾として議会を国家最高統治権力機関として政治運営を図ろうとする。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/28(金) 23:12:12|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致【続】

民主政治は近代文明の進展に伴って参政権民(選挙民)に対し何等政治教育も主権の意義も教えることなく選挙権を与えられたものであるから政治的無関心な大衆であるため政治は買収が横行し益々腐敗堕落するに至った。

西洋人は一の概念を知らないと印度のタゴールは云っている。

彼等は対立相剋闘争利害のみである。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/29(土) 00:35:06|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

むすび 日本の国性・国本・国体 氏族制度と祭政一致【続】

一方民主大衆は資本主義と自由競争主義にもまれ唯物主義に奔弄せられて来た利害打算の徒である。

かかる大衆に参政権を与え、当選した多数議員による議員内閣制政府が成立する「立法議会」が期待する政治をもたらすということはあり得ない。

国家統治の本質は政治権力にあるのであるから統治力として存在する行政を中心にしなければならないものであるにも拘らず議会が代行するため混乱することになるのである。

                  (43 43' 23)
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/06/30(日) 13:30:40|
  2. 遺言状(救國法典) 戸松慶議著

プロフィール

國 乃 礎

Author:國 乃 礎
   綱 領
政官財・癒着根絶
マスコミ横暴撲滅
国賊売国奴殱滅
現行憲法廃棄
日米安保破棄

最新記事

カテゴリ

未分類 (6)
提言 (1)
理念と使命 (1)
目的・活動 (1)
遺言状(救國法典) 戸松慶議著 (660)
生存法則論 (第二巻 思想篇) 戸松慶議著 (3)
永遠の道 戸松登志子著 (2158)
新聞 (17)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村

ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

アクセスカウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR