いしずえ

第二巻受難の巻

 わたくしはその心をさぐるように高い頬骨と長い顎の目立つ横顔を凝視した。すると、彼女の肉のこけた頬がいっそうおちくぼんで見え、憂愁の影がひっそりとひそんでいるのに気づいた。

 わたくしは彼女の内部にかくされている苦悩を知りたいという衝動にかられた。それにはまず自分の悩みを告白し、話し出しやすい雰囲気をつくることが先決である。

 ベッドにちかづくと、わたくしは彼女と並んで行李の山によりかかり、彼女の編物の手元をながめながら語り出した。

 滬西の生活が娘の頃にいただいていた結婚の理想とはおよそかけはなれたものであること。右を向いても左を見ても中国人ばかりの中で、しかもこういう雑居生活の中で、子供を生み育てていく自信はまったくないこと……等を手みじかに語り、さらにあなたはどう思うかときいた。そのとき、わたくしは妊娠四ヵ月であった。

                  (43 43' 23)

にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2015/12/02(水) 13:28:37|
  2. 永遠の道 戸松登志子著

プロフィール

國 乃 礎

Author:國 乃 礎
   綱 領
政官財・癒着根絶
マスコミ横暴撲滅
国賊売国奴殱滅
現行憲法廃棄
日米安保破棄

最新記事

カテゴリ

未分類 (6)
提言 (1)
理念と使命 (1)
目的・活動 (1)
遺言状(救國法典) 戸松慶議著 (660)
生存法則論 (第二巻 思想篇) 戸松慶議著 (3)
永遠の道 戸松登志子著 (2193)
新聞 (17)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村

ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

アクセスカウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR