いしずえ

第三巻激流の巻

 新聞は軍部の要求に従ってこの鈴木談話を大々的に取り扱い、日本の三国宣言黙殺・聖戦完遂の挑戦的態度を報道した。この報道は米・英を刺戟し、やがて米国に原始爆弾投下の決意をなさしめる事になったが、一般将兵や国民にも、いよいよ死か生かを決する決定的な時が到来した事をひしひしと感じさせた。

「いよいよ一億玉砕の決意をする時がきたな。敵がやってきたら、わしも竹槍を持って向っていくぞっ」

 戸松の父は囲炉の辺で気焰をあげた。わたくしは、まるで給料目的のごとく、ぶらぶらと会社に通うことにいよいよ嫌悪を感じ、七月末限りで辞職した。この一ケ月の間、北秋田地区には一度も敵襲がなかったように記憶しているが、米国の艦隊はいよいよ本土に接近し、近島、本州、北海道の一部に砲撃を加え、機動部隊が関東や九州に来襲し、日本人には本格的本土襲撃の近いことを思わせた。

   (43 43' 23)

にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/04/06(月) 20:50:23|
  2. 永遠の道 戸松登志子著

プロフィール

國 乃 礎

Author:國 乃 礎
   綱 領
政官財・癒着根絶
マスコミ横暴撲滅
国賊売国奴殱滅
現行憲法廃棄
日米安保破棄

最新記事

カテゴリ

未分類 (6)
提言 (1)
理念と使命 (1)
目的・活動 (1)
遺言状(救國法典) 戸松慶議著 (660)
生存法則論 (第二巻 思想篇) 戸松慶議著 (3)
永遠の道 戸松登志子著 (2159)
新聞 (17)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村

ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

アクセスカウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR