いしずえ

第三巻激流の巻

 恐らくこれは敗戦のため国民の大半は住むに家なくあっても破れていて雨露を凌ぐ程度のもので安住はできない。そこに吹込んでくる共産主義・自由主義・民主主義の嵐と暴風雨の如く荒狂う占領政策が国民精神と道統を破壊するに違いない。民族思想は危機に立つであろう。志あるものは天皇を国民の中心に仰ぎ天皇と共に国基国本を明らかし、葺き替え葺き直して国民を安住せしめなければならないと直感した。その解釈を兵隊等に告げると彼等は日本の将来について語れと多勢集ってせがむのであった。そこで戸松は順々と開戦前百年戦争を称えた意義、武力戦争、思想戦争、文化戦争等永く戦わねばならない、武力のみが勝敗を決するのではない。今後久しく戦う覚悟が必要である。

   (43 43' 23)

にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/05/31(日) 12:50:27|
  2. 永遠の道 戸松登志子著

プロフィール

國 乃 礎

Author:國 乃 礎
   綱 領
政官財・癒着根絶
マスコミ横暴撲滅
国賊売国奴殱滅
現行憲法廃棄
日米安保破棄

最新記事

カテゴリ

未分類 (6)
提言 (1)
理念と使命 (1)
目的・活動 (1)
遺言状(救國法典) 戸松慶議著 (660)
生存法則論 (第二巻 思想篇) 戸松慶議著 (3)
永遠の道 戸松登志子著 (2193)
新聞 (17)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村

ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

アクセスカウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR